JR XG8 スティック・キャリブレーション

 

スティックの動作範囲を変更した時の設定について。

 

JR XG8のスティック・ストロークは長くて使い難い感じがしていたが、対策方法がある事を、たるたくんのサポート日誌で見つけた。

 

例えば、スロットルスティックなら、角度調整板と言うオプションパーツがあって、それでストロークを小さくし、その動作範囲をプロポに覚え込ませる事が出来るのだ。

この機能は、左スティックのストローク変更にも使える。

 

私の購入したプロポの説明書には何の説明も無かったが、バージョンは該当していたので、早速試してみた。

 

システムリスト→送信機設定→スティックキャリブレーションと、進んだ画面。

 

この画面で、スティックのニュートラルや動作範囲を設定する。

 

詳細は、たるたくんのサポート日誌を参照。

 

<旧  ブログ一覧  新>