キャノピーロックの調整

 

 

ミュゼットのキャノピーロックについて。

 

ロック用ピアノ線は、画像で見えるくらいに穴の中に顔を出していなければなりません。

使用回数が重なってピアノ線の取り付けにガタが出たり、見える量が少なくなっていたら、修正が必要です。

 

 

まず、中央にある止めネジを外して、ピアノ線を溝から出します。

出し難い時は、溝を別のφ1ピアノ線やドリル刃で扱いて広げます。

そしてピアノ線が曲がっている様なら、金属棒などを使って真っすぐに直します。

 

ピアノ線が真っすぐになったら、真ん中の止めネジの穴を極少量の瞬間接着剤で補強しておきます。

 

ピアノ線を溝に戻して、止めネジをしめれば出来上がりです。

もし、ピアノ線の収まりが悪くガタつきが残るなら、太いネジに変えてみるとか、或いは、止めネジを2本にしてみるという手もあります。(その場合なるべく中央寄りに)

 

簡単な調整と修正でキャノピーの脱落を防げますので、是非点検をお願いします。

 

尚、紛失してしまった場合は、キャノピーと枠の再販もしていますので、連絡ください。

 

 

<旧  ブログ一覧  新>