Musette(ミュゼット)

◎緒元
翼長 1100mm 

全長 1190mm
翼面積 29dm² 

飛行重量 1200g 

 

Denkadoにて28,500円で販売

送料600円

販売品は写真にある様なフィルム貼り完成状態で、タイヤやリンケージ用品は付属していません。

フライトまでには、水平尾翼取り付けなど若干の工作が必要です。

 

●サーボ 

本機は軽量でエレベーター舵面が大きめなので、ピッチ方向の反応は敏感です。

サーボの動きがモロに反影されるので、特にエレベーターにはなるべく大きめで、動きの確かなものをお使いください。

軽量モーターにも対応出来る様にテールは軽めにしてあるので、推奨モーターの場合は30g前後のミニサーボが使えます。

性能の劣るサーボでは本来の飛びは出来ません。

 

また、これに関係する事ですが、

本機舵面のベニヤ製ホーンは、ボールリンクをねじ止めして使うとベニヤ自体が捻れて舵の効きが悪くなってしまいます。

通常のロッドアジャスター(できれば金属製)を使う様にしてください。

穴のガタは瞬間接着で修正出来ます。

 

 

現在のところ、エルロンには E-MAX   ES09MDを、

エレベーターには E-MAX ES9258 

ラダーにはES3154 をお勧めします。

 

但し、小型サーボの寿命は不明な部分も多いので、使用状況に応じて早めに交換し、下ろしたサーボのモーターブラシの傷みをチェックをしてみるのが良いでしょう。

 

エレベーターやラダーサーボに使う延長コードは最低300mmのものが必要で、出来ればこれより長めの方が受信機の出し入れには便利です。

 

サーボホーン長さの目安  エルロン:13mm  エレベーター:9mm  ラダー:20mm

 

●舵角

・舵角(幅広部分の片側動作量)と、エクスポネンシャル(プロポやサーボによって異なる)   

エルロン   10〜30mm程度動かせる準備をしておきます。舵の反応が良いので初フライトは少なめの舵角で行い、その後目的に合わせます。

エレベーター    22mm 35%

ラダー        80mm 40% 

 

・スナップ時の動作量

本機は軽量なので擬似スナップしかできません。

動作量はスナップの種類やコントロール方法によって異なります。

舵を入れるタイミングや機速によっても異なるので、舵角切り換えを利用して、エルロン大、エレベーター&ラダー小、にして色々試してみる事になります。

ほんの一例として:A 25mm  E 6mm   R 15mm

ミュゼット説明書pdfを参照

 

●飛行調整のヒント

・ラダーのニュートラル

本機だけではありませんが、ラダーのニュートラルは大変重要です。

ニュートラルの確認は、高空から垂直降下させてみるのが良いでしょう。

垂直の精度や風の影響もあるので、見易い(平面形が見える)姿勢にして、何度も繰り返します。

 

・サイドスラスト

それが出来たら、次に、垂直上昇させてサイドスラストの調整をします。

垂直の精度にもよるので、ラダーの修正舵をポンポンと打って上昇させ、それでも曲がるかを確認します。

スラストの調整は下写真にある様に、アルミマウントの下に紙を挟むか、あるいはヒノキ棒とゴムの間に紙を挟んで行います。

アルミマウントの下に紙を挟む場合でも、スピンナーがついていても前からドライバーを差し込んでネジを外す事は可能なので、スラスト調整のためにモーターを毎回機体から取り出す事はありません。

 

・ジャイロ効果

本機は、機体の割に大きなプロペラを使うので、単発機固有の癖が出易くなっています。

その一つが、ジャイロ効果によるエレベーター・アップ時の右癖です。

ジャイロ効果は、反動トルクやプロペラ後流よりも影響が小さいので気づかれない事も多いですが、例えば、(安全の為に)主翼を外した胴体を手で持って、プロペラ高速回転させ、アップ方向やダウン方向に機体の向きを変えてみると体感できます。

アップ方向の時に右、ダウン方向の時に左に行きたがる事が確認できるはずです。

回転数が高い程、影響が大きくなるので、できればスロットル操作は他の人にしてもらった方が安全です。

 

この影響を避けるには二重反転(コントラ)が望ましいのですが、通常のフライトではそれ程気にならないので、多くのフライヤーは自然に修正舵を打つ事に慣れていきます。

その為、コントラを飛ばしてみると、癖の無さに、かえって違和感を感じたりもするのです。

 

実際のフライトでは、例えば垂直上昇やループの場合、

中速で演技スタートし、真上を向いてからスロットル全開にする事で幾分影響を弱める事が出来ます。

本機の標準的なセットでもそれなりにパワフルですから、当然、この様なスロットル操作を併用したフライトは可能で、スロットル・ワークはあらゆる場面で第4の舵となるので、しっかりと練習し身につける事が大切です。

 

どうしても癖が気になるのであれば、通常は行いませんが、エレベーターからラダーやエルロンへミキシングという手も考えられます。

カーブミキシングなどを使えば上手く行くかもしれません。

 

●モーター

 

E-MAX GT2826/05 860KVを推奨します。

パワー感など全く問題無く、プロペラマウントも付属品がそのまま使えるので、コスト的にもミュゼットに最適なモーターです。

ミュゼット専用ギヤボックスと組み合わせて使う事もできます。

 

 

OSモーターは性能が良いのですが、OMA-3820-960はKVがちょっと高めなので、小さいペラを使用する事になります。

また、OMA-3825-750はLiPo4セル用ですが、これをLiPo3セルで大きめのペラという組み合わせも、面白いかも知れません。

 

パワーユニットについてはダイレクトドライブとギヤダウンのページも参考にしてみてください。

 

 

●プロペラ

プロペラによって飛行フィーリングが変わって来ます。

KV1100以上のモーターと11インチ程度のプロペラの組み合わせは、単純な操縦感覚、

KVの小さいモーターと14インチペラの組み合わせは、難しくはなるが、空気を捉える味わいを楽しめる操縦感覚、となります。

好みや入力の大小もあるので最適サイズは決められませんが、私の経験では、APC14*7Eが好印象となっています。

また、専用ギヤボックスを使ってAPC15*8を回せば、大きいペラの利点を感じる事もできます。

 

●プロペラアダプター

モーター付属の安価なプロペラアダプターは使い物にならない物が多く、トラブルの原因にもなります。

OSモーター付属品レベルの物、又は、プロペラアダプターのページも参照して、必ず間違いの無いものをお使いください。

 

●バランス調整←重要

バランス取りの方法は、プロペラバランス調整を参考に、必ず、左右ブレードの重さだけで無く、垂直方向の重さにも気を配ってください。

プロペラ取り付け時のバランスが悪いと、最悪、モーターが飛び出す事があります。

モーターやプロペラを交換後、初めて回す時は、いきなりフルハイにしないでください。

必ず様子を見ながら徐々に回転を上げ、振動が出る様なら直ぐにストップします。

次に、モーター本体に対するプロペラ位置を(回転方向に対して)少しずらして付け直し、再度回転テストを行います。

これを全周に渡って数回に分けて行い、振動が最も少なくなる位置を探し出してください。

位置が決まったら、その位置でもう一度バランステープを増減させてみるのも良いでしょう。

 

ダイレクト駆動では当然の事ながら、モーター、プロペラアダプター、プロペラ、スピンナーなどが一体となって回転しています。

それぞれのパーツが完璧にバランスが取れていれば良いのですが、実際にはどこかに誤差が生じているものです。

モーター軸とプロペラの位置関係によって、誤差が打ち消し合ったり、増幅したりしているので、慎重に調整する事が大切です。

もし、プロペラ位置を変えても同じ様に振動が発生するのであれば、それは、何か1つが完璧で、他のものが不完全だからです。

バランス取りのテープを増やして、もう一度回転テストをやり直してみましょう。

 

完璧なバランス調整はまず不可能なので何処かで妥協する事にはなりますが、逆に言えば、運転状況を見ればその人の技術や取り組み姿勢が判ってしまうと言う事でもあります。

 

●バッテリー

Li-Po2600mAh-3セル11.1V を推奨。

F3Aパターンを行うと再充電で1800mAhくらいになりますから、飛行時間には気をつけてください。

Li-Poは容量ギリギリで使うと傷みが早くなるので、2000mAh以内の範囲で使う様にします。

 

●ミュゼットについて

ミュゼット取扱説明書pdf→https://www.dropbox.com/s/xs0qqvbx3u88a39/musette20170411.pdf?dl=0

プロモーション・ビデオ→http://www.youtube.com/watch?v=v5r06_aYuos&feature=player_embedded

フライト動画→F3A P13 RC Musette Flight Pilot and Cockpit view

P13パターン、コックピット・ビュー→http://www.youtube.com/watch?v=LojX8Nm7iMw&feature=player_embedded

P13横方向動画→https://www.youtube.com/watch?v=yNFE7b3-148&feature=youtu.be

P17横方向動画→https://www.youtube.com/watch?v=15NGQ5TomXM

F15パターン、コックピット・ビュー→http://www.youtube.com/watch?v=EG5KAaf16YI

 

Wikipediaによれば、「 ミュゼット」とは木管楽器や民族音楽に関係あるとの事。 

素朴で軽やかなこの曲は、本機の「木質を基調とした作り」や「飛び」のイメージにピッタリです。

テンポ(bpm)70に近いこの曲を流しながら、動画コックピット・ビューの音を絞ってご覧ください。

音楽を聞きながらフライトした訳では無いのに、リズムと機体の動きが妙に合っているのが面白いところです。

パターン演技は直線とコーナー、そしてロールの組み合わせです。

そのメリハリをつける事の重要さが良く分かります。

 

●説明写真

写真クリックで拡大画像と説明文表示。